お誕生日に振り返る 韓国ライブ活動1

2015年5月に初めての韓国路上ライブ!告知したら日本のファンの皆様が応援に来てくださって、とても心強かったです😂


この写真で思い出した、、初めてでマイクスタンドが無いことに気付き、現地の楽器屋さん(1時間くらいかけて)でようやくゲット!

この時はまだ韓国では”メロンパン”という言葉は馴染みがなく、ソボロパンと説明してやっと理解してもらえる感じでした。↑私の代表曲、「あなたとメロンパン」や日本の曲で韓国語でカバーされている有名な曲(中島美嘉さんの「雪の華」等)、たくさん歌ったよ🌸

韓国語はまだ全然 名前くらいしか言えなくて、頑張って作ったフライヤー↓を見せたり、途切れ途切れの英語で無理やり伝えたり。でもその必死さが伝わったのかたくさんの方が見てくださって。

正直、路上ライブするまでは怖かった。日本人だからって何か言われたり、止めが入るんじゃないかって。でもそんなことは全くなく、その自分の心配以上に純粋に聴いてくれる現地の皆様の気持ちが 嬉しくて、幸せだった。最後の方は何を歌っているかわからないほど涙が溢れてた。

最近の報道ではいろんな見方があるけれど、私はこの現地で感じた、実際に感じたことを主軸にこれからも生きていきたい。

日本からの観光客の方も”珍しいですね、応援していますのでこれからも頑張ってください”と声をかけてくださいました。

日本からのファンの皆様も楽しんでいただけるように観光ツアーを毎回(以降半年に一度のペースで)企画していて、この時は明洞(ミョンドン)・江南(カンナム)等行きました。

実は韓国での初めての音楽活動は路上ライブをすることともう一つ目標があって、それはライブハウスでもライブをすること!

日本にいる間に調べに調べて日本語が通じるライブハウスを探して、見つかったのが弘大の空中キャンプというライブハウス。

路上ライブの時、ここのライブハウスでライブをすることはチラシで告知していたのですが、実際に来てくれた現地の方は一人。

でも、本当に思うのです。右も左もわからない日本のシンガーソングライター 山本かおりのライブに、よく来てくださったと😂有難いお話です。

お客様は日本からのファンの方がほとんどでしたが、初めて描いた韓国での目標を、ファンの方と叶えました。叶えてくれました🥺✨

奇跡はそれだけではありませんでした。私が弘大で路上ライブをしているということを、現地のミュージシャン Migiさん(YouTubeやアフリカTV等でご活躍中)がどこかで情報を得たそうでいきなりFacebookメッセージを下さり。(ミギさんは日本語も堪能)

次の日にご飯を食べることに。(この時から今までMigiさんの行動力には驚かされっぱなしです)

↑↓その日のうちに船に乗せてくださったり、船の中での公演を観せてくださったり。なんだか夢の中にいるような気持ちで。

どうして見ず知らずの私みたいな人にここまでしてくれるんだろうって不思議で仕方ありませんでした。

でも、韓国の方はそういうところがあると思う。なんでそこまでしてくれるの?!って。私はそういうところが大好き。

出会って1日目なのに。すっかり姉妹みたいになっていました🐰🌷

韓国ライブ活動2に続く(こちらをクリック)